まごころFP

世帯分離している母の扶養控除対象条件について

質問者: 50代 女性 熊本県在住

世帯分離している母の扶養控除対象条件についてお尋ねします。

住所は一緒ですが、世帯を分離しています。(現在特別養護老人ホームに入所)

1.現在主人の扶養にしていますが、世帯を分離した事で扶養をはずれる事になりますか?
ちなみに義母の年金と遺族年金を合わせると120万以下です。

2.今年主人が退職しますが、義母が扶養対象に該当するなら私自身の扶養者に出来ますが?

以上、2点お尋ねします。

 

ファイナンシャルプランナーからのアドバイス

こんにちは、あさくらFP総合事務所 山崎です。

 

1.現在主人の扶養にしていますが、世帯を分離した事で扶養をはずれる事になりますか?
ちなみに義母の年金と遺族年金を合わせると120万以下です。

⇒ 世帯を分離していても 扶養の実態があれば 控除できます。
遺族年金は所得にならないので義母の年金が120万以下(65歳以下なら70万円)なら所得が他になければ0円です。

2.今年主人が退職しますが、義母が扶養対象に該当するなら私自身の扶養者に出来ますか?

⇒ どちらでも扶養にできますが、 所得の高い方で扶養控除する方が有利です。

また、その他いろいろな条件によっては答えが違ってくる場合がありますので、個別の事案は税理士に相談された方が最終的には良いかと思います。

TEL
MAIL